自己アピールをしっかり行う

外資系企業の転職では日系企業とは異なる対策が必要になることがあります。外資系企業の面接で重要なポイントとなるのが自己アピールです。年功序列が色濃く残る日系企業と違って外資系の企業は成果主義で判断します。そのため、面接では年齢の若さやキャリアの長さではなく、過去の実績が重視されるのが特徴です。面接官に自分の得意分野やこれまで携わってきた仕事での成果をしっかりと伝えて採用後に即戦力として活躍できると思わせることが採用に繋がります。

仕事に必要な語学力を身に着けておく

日系企業が国内中心の取引なのに対して外資系は海外の企業との取引がメインとなります。当然ビジネスでは英語での会話となるため、面接時に語学力を問われるケースも少なくありません。マーケティング、コンサルティングといった専門職を希望する場合、高いビジネス英語のスキルが要求されます。外資系の企業は外国籍の社員もたくさんいるため、内勤の仕事でも英会話ができなければコミュニケーションが図れません。転職活動をする前に最低限の語学力を身に着けておくことが採用率を上げる秘訣です。

エージェントを活用する

転職活動をスムーズに進めていく上で重要となるのがエージェントの利用です。エージェントの利用には市場に出回っていない求人を紹介や面接対策など数多くのメリットがあります。応募の手続きや日程の調整など面倒な作業も代行してくれるので、面接対策だけに集中できるのも強みです。ただしエージェントは企業によって得意なジャンルが違うため、自分の希望する職種に合った所を選ばなくてはいけません。

外資系求人の選考過程では、英語面接が行われることが多々あります。英文での職務経歴書を作成する必要もあり、念入りな下準備が必要です。

競馬場ギャンブル