高級車を運転することができる!

専属運転手が運転する車には、会社でも偉い人が乗車することが多く、必然的に車のグレードも高くなります。自分では購入することができないような高級車を日常的に運転することができるため、車好きな人にとって大きなやりがいとなるでしょう。普段、乗りなれていない車を安全に運転することは難しいことです。専属運転手になることが決まったら、まずは運転する車についてしっかりと調べて、スムーズな運転ができるように勉強することも専属運転手の大切な仕事の一つです。

重大な話を聞くことができる!

車内というのは一種の密室になるため、偉い人たちは社内で秘密の話をすることも多いです。世の中を変えるような重大な話が送迎中に交わされることもあるでしょう。そのような会話を聞くことができることは、専属運転手の特権でありやりがいとなるでしょう。もちろん、守秘義務があるため、社内での会話を他者にもらすようなことがあってはいけません。自分が偉い人たちに信頼されていると感じることができる仕事です。

時間管理が難しくて大変!

役員クラスの人たちは、分刻みのスケジュールで動いていることが多いです。専属運転手の大切な仕事は、担当する人が仕事のアポイントメントに遅れないように車を運転しなければいけません。そのためには、一日のスケジュールを頭に叩き込んでおくこと、運転ルートを事前に確認しておくことなどが必要になります。少しくらい遅れても大丈夫だろうとのんびりしていると、思わぬ失態をおかしてしまうかもしれません。慎重になりすぎるくらいが丁度よい仕事と言えるでしょう。

運転手の派遣は、指定された会社に派遣され、その会社で就業します。契約満了するとまた別の会社へと派遣され運転をメインとする業務を行います。

ホカ